0からわかる!【パスポートとビザ】の違い

グローバル時代の今、旅行やビジネスで海外に出かける人数も年々増えています。

 

ところで、海外に旅行や出張に行くときに最初に考えるのはパスポートの事。ただパスポートがあれば海外に行ける、というわけではなく、ビザがないと入国が出来ない場合もあるのです。

 

ビザって何?パスポートと何が違うの?という方のために今回はパスポートとビザについて、その違いについて解説していきます。

 

そもそもビザとは何か?

ビザは日本語で「査証(さしょう)」と呼ばれます。

 

日本にある渡航先の在外公館(大使館や領事館)が発行するもので、一言で言うと入国許可証のようなものです。

 

渡航先がビザを発給する一番の目的は、自国に入国を希望している人物が「入国しても問題ない人物かどうか」を審査することにあります。

 

つまり、自国への入国を希望している外国人の身元を事前に審査し、問題がなければビザを発行するし、何等かの問題が見つかれば事前に入国を拒否することが出来るのです。

 

ビザは渡航先の国が自国の法律の定めに従い渡航を希望する外国人の身元等を事前に審査し、入国に問題がないと判断された外国人にのみ発行される入国許可証という役割を持つのです。

 

海外に向かう際、なぜビザが必要となるのでしょうか。

海外に向かう理由は人それぞれです。

 

短期間の旅行に行く人もいれば、外国に住んでいる家族に会いに行く人もいます。また、留学するためや就労のためという人もいるでしょう。

 

実はビザにはいろいろな種類があって、外国人が渡航先の国で行う活動に応じて発行されます。家族に会いに行くためのビザと就労のビザは、ビザを発行する際の審査内容も、審査期間も違います。また観光目的の場合はビザが不要な場合もあります。

 

世界の国々は、自国にどのような外国人を入国させるのか、または入国を拒否するのかについて自国の法律で定めており、それによって自国の利益と安全を守っています。

 

海外に向かう際ビザが必要となるのは、自国に入国する外国人の活動目的や滞在期間に応じた事前審査を行い、問題がなければ入国を許可するという手続きを行うことにより、自国の利益と安全を守るためだといえるでしょう。

 

パスポートとビザの違い

ビザが「入国許可証」だとしたら、パスポートは何になるのでしょうか。

 

「身分証明書」というのが一番分かりやすい表現かもしれません。

 

日本国発行のパスポートを所持していれば、日本国籍であるという事が証明できます。そしてパスポートには顔写真や生年月日など個人を特定する情報が記載されていますから、パスポートを所持している人の国籍や身分を証明するものと言えるでしょう。

 

ところで、先ほど「日本国発行の」と説明いたしました。ここにビザとパスポートの大きな違いがあります。ビザは「渡航先の国」が「入国を許可するか否か」を判断し、「渡航先の国」が「ビザを発行」します。

 

しかし、パスポートは自国の国民であることをその国が証明するものなので、渡航先ではなく、その人の「自国」で発行される文書です。つまり、海外に渡航をする人が日本人であれば、日本国がその人を日本人であることを証明したうえで、日本が渡航先の国に「この人は日本人なので、何かありましたら身柄を保護してください。」という「人身保護」を要請する公的な文書なのです。

 

日本の法律では日本に滞在する外国人にパスポートの携帯を義務付けています。

 

これは日本人が海外に行ったときも同様で、入出国の時だけではなく、ホテルへのチェックインをはじめ、本人確認書類としてパスポートの提示を求められることもあると思いますので、紛失しないよう十分に気を付けて携帯するようにしましょう。ただし、コピーでも通用する場合もありますので、紛失や盗難が心配な方はコピーを所持し、原本は貴重品ボックスで保管しても良いかもしれません。

 

日本人が海外に向かう際に、ビザが必要となる国

日本人が海外に向かう時、本人の国籍や身元を証明するパスポートは必ず必要になりますが、既に解説した通り、ビザは必ずしも必要になるとは限りません。

 

国にもよりますが、例えば短期間の旅行の場合はビザを取得しなくても渡航できる国が多くあります。また日本のパスポートの信頼度は非常に高いため、日本国発行のパスポートを所持していればビザが免除されて渡航できる国もあります。

 

例えばアメリカのESTAもその一つ。

 

アメリカに渡航をする人は原則的にその滞在目的に応じたビザを取得しなくてはいけません。

しかし、アメリカのVWP(ビザ免除プログラム)に参加している国の国籍を持つ人はビザを取得しなくてもESTA申請をすることでアメリカに渡航することが出来るのです。

 

しかし、滞在目的や期間に関わらず、必ずビザの取得が義務付けられている国もあります。例えばアジアであればカンボジア王国や北朝鮮、ブータン王国は事前にビザの申請が必要です。ブラジルやロシアもビザの申請が必要となる国です。ヨーロッパ地域や北米、南米地域、オセアニア地域の国では、比較的ビザがなくても渡航できる国が多くありますが、中近東やアフリカ地域の国は渡航の際事前にビザの申請が必要な国が多いです。

 

ただし、ビザの要不要については、事前の通告なしに変更となる可能性も考えられます。渡航先にビザが必要か否かについては、事前に渡航先の在日公館に問い合わせるようにしましょう。ただし、ビザの申請に時間がかかる場合も考慮して、日数に余裕をもって問い合わせることをお勧めいたします。

 

まとめ

パスポートとビザの違いはご理解いただけたでしょうか。

 

せっかく渡航先に到着してもビザがないために入国が出来なかった、もしくは思った以上にビザ申請に時間がかかり、出発予定日に間に合わなかった、という事がないように海外に行く予定が決まったら早めに事前の調査を行うようにしましょう。

 

またビザの取得と合わせ外務省の海外安全ホームページを参照するなどして渡航先の治安情勢についても情報を収集しておくと良いでしょう。

 

行政書士 古橋洋美 (ウェブサイト)

平成28年 行政書士として静岡県浜松市にて独立開業。 現在起業支援や補助金申請支援等中小零細企業支援と入管業務を中心に業務を行っており、 技能実習生に対する法的保護講習の講師も担当している。 英語力を生かし、入国管理局や役所等に提出するために必要な出生や結婚等の各種証明書や契約書等の日本語への翻訳作業の対応も行っている。

新規CTA

合わせて読みたい