初めての外国人材雇用【ビザ】と【在留資格】2つの違いを徹底解説!

初めて外国人を雇用することになった場合、専門用語や周辺知識の複雑さに悩まされることが多いと思います。

「外国人を採用する際にはビザが必要だ」とよく言われますが、実はこの場合は「在留資格」のことを指しているケースが多いです。本記事では外国籍人材を雇用する際の基礎知識として、ビザと在留資格の違いに関してわかりやすく説明していきます。

 

ビザと在留資格の違いとは?

外国人が日本で滞在することを許可するのがビザだと思っていませんか?

 

実は、日本国内の外国人に滞在を許可しているのはビザではなく在留資格なのです。ビザとは日本語の正式名称を査証といい、入国する前の段階で”上陸する際に必要なもの”です。外国にある日本大使館や日本公館で発行され、パスポートに印字されます。


尚、短期滞在ビザ相互免除国からの入国者や再入国制度を利用する場合免除されており、パスポートにビザは印字されません。

 

一方在留資格は外国人が日本に滞在するためのもので、在留資格で許可された活動を日本国内で行うことが可能です。

 

ⅰ. ビザ(査証)=外国から日本の空港に上陸し、入国審査を受けるためのもの→外国で発行 

ⅱ. 在留資格=ビザ(査証)や入国管理局が独自に定める基準を満たした外国人が日本に入国して在留することを許可するもの。→日本で発行

 

ビザ(査証)サンプル

one visa編集部作成

 

在留カード画像

出典:入国管理局ホームページ

 

また、ビザは外国で審査・発給されるため関係省庁は外務省ですが、在留資格は日本国内で審査・発給するため関係省庁は法務省となります。

 

ビザ(査証)の意味~ビザは特定の国への上陸するための申請書類~

海外旅行を頻繁に経験している方であれば、ビザがないために飛行機に乗れなかった、もしくは空港から出れなかったという話を聞いたことはないでしょうか?


そうした事象が発生する理由は、ビザ(=上陸許可)が降りていない状態で飛行機に乗ってしまったからなのです。

 

また、ビザ(=上陸許可)がある場合でも必ず入国できる訳ではありません。日本の場合、入国希望者が要件を満たしていれば外務省が上陸許可に当たるビザを発給するわけですが、最終的に入国の可否を判断するのは入国管理局であり法務省なのです。

ビザの有効期限は3ヶ月間

ビザは原則として1回の入国に限り有効で、有効期間は発給の翌日から起算して3か月間です。

 

この期間内に来日して日本での入国審査を受ける必要があります。1回限りのビザで入国審査を受けた場合、又は有効期間が満了した場合のどちらか早いときに失効します。


入国審査が終われば「ビザ」の役割はなくなります。ビザの有効期間の延長は原則できません。

 

在留資格の意味~在留資格は日本国内で行う事が許可された内容を証明するもの~

在留資格を取得する場合は、関係省庁が外務省ではなく法務省(入国管理局)であるため、日本国内で申請を行う必要があります。


申請書類の作成添付書類の選定など、申請に関しては別の記事で詳しく紹介しますが、日本国内には27種類の在留資格が存在し、それぞれ許可されている活動が異なります。

 

例えば、日本に観光に来ている外国人は短期滞在の在留資格を所持しています。短期滞在 資格は親族訪問や観光は許可されていますが、就労は許可されておらず、アルバイトなどを行うと不法就労となってしまいます。


在留資格で許可された範囲外の活動を行う場合は別途申請を行い、原則として許可を受けるまでは資格外の活動は出来ません。

在留カード

在留カードの存在をご存知でしょうか?

日本で中長期の滞在をする場合に外国人に交付される在留資格を証明するものが在留カードです。


在留カードは短期滞在の場合は発行されず、就労や留学などの在留資格を所持している場合に発行されます。

 

在留カードは新千歳空港,成田空港,羽田空港,中部空港,関西空港,広島空港及び福岡空港(2018年4月現在)では空港にて交付されます。その他の出入国港ではパスポートに上陸許可の証印がされ「在留カード後日交付」の記載がなされます。


この場合、中長期在留者が市区町村の窓口に住居地を届出たあと、在留カードが入国管理局から当該住居地あてに簡易書留で郵送されます。

在留資格の大枠

各在留資格の詳しい説明は別の記事でさせていただきますが、大枠としては以下のように分類できます。

 

(1)定められた範囲の就労が可能な在留資格(就労系)

(2)就労制限がない在留資格(身分系)

(3)学校での勉学を行うための在留資格(留学系)

(4)日本への観光や親族訪問などが可能な在留資格(短期滞在系)

(5)技能実習生などが就労するための在留資格(技能系)

 

まとめ

・ビザとは日本語での正式名称を査証といい、外国の日本大使館/領事館(外務省管轄)が入国を妥当と判断した場合に発給する上陸許可書であり、必ずしも入国を許可するものではない。

 

・日本国内に入国する場合には空港にある入国管理局(法務省)が発給する在留資格が必要。発給された在留資格に応じて国内で行える活動内容に制限がある。

 

・短期滞在を除く中長期間の在留資格を所持している場合は在留カードが交付される。

 

 

one visa 編集部

株式会社one visaは”世界から国境をなくす”をビジョンに掲げ、ビザ申請・取得・管理をサポートするオンラインサービス「one visa」を提供する企業です。

Click me

合わせて読みたい