新しく外国籍の方を雇いたい、と思ったとき、どの就労ビザを申請すればよいでしょうか。

一般的な「技術・人文知識・国際業務」と「高度専門職」。会社にとっても、本人にとってもベターなビザとは?
二つの就労ビザのそれぞれの特徴と選び方について、分かりやすく説明します。

技術・人文知識・国際業務とは?

外国籍人材を雇用しようと思った場合、ほとんどが、「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザに該当します。

 

大学などで学んだ専門知識、技術を生かした仕事に就労する場合、あるいは、一定年数の実務経験に基づく通訳・翻訳などの仕事をする場合に該当します。
例えば、大学などでIT技術を学び、その技術を生かした仕事、貿易での海外との折衝や、語学スクールの講師なども該当します。

技術は理系の分野、人文知識は文系の分野、そして国際業務は、通訳や翻訳などの本人の実務経験による仕事です。
いずれにしても、雇おうとする外国籍の方の学歴や職歴と仕事内容が一致することが必要です。

取得可能な就労ビザの期間は、3か月、1年、3年、5年ですが、外国人の経歴や雇う会社の状況などによっては、最初の申請では1年だけというケースが多々あります。
ただ、雇用時に申請して、許可された期間が1年であっても、1年後に更新申請をして3年もらえる、という場合もあります。更新できれば、継続して雇用することができます。

高度専門職とは?

優秀な外国籍人材の受け入れを促進するため、様々な優遇措置が行われている就労ビザです。

日本の産業の発展にとって有意義な人材であり、日本の専門的、技術的な発展に寄与することを期待される人材です。
高度専門職には1号と2号があります。

高度専門職1号

学歴や資格、収入などによって各ポイントが決められ、その合計点が70点以上必要です。さらに、3つの類型の仕事に一致する必要があります。

優遇措置としては、5年の在留期間、永住許可要件の緩和や配偶者の就労、さらに一定の条件は必要ですが、子育てのために親を呼び寄せたり、家事使用人を呼び寄せたりすることも可能です。

さらに、入国・在留手続きの優先処理も行われるため、通常の就労ビザに比べると、かなり優遇されています。


☆高度専門職1号(イ)
高度学術研究活動が該当します。具体的には、大学の教授です。

☆高度専門職1号(ロ)
高度な技術・人文知識を要する仕事に従事する場合に該当します。「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザの内容とほぼ同じですが、「国際業務」の仕事に関しては高度専門職に該当しないので注意が必要です。

☆高度専門職1号(ハ)
事業の経営・管理をする場合に該当します。これは、「経営・管理」の就労ビザと同じ内容になります。

高度専門職2号

1号で3年以上活動した人が対象となります。仕事内容は1号と合わせて、ほぼすべての就労資格の活動が可能で、許可の期間が無期限となり、その他は1号と同じ優遇措置が受けられます。

どちらの就労ビザがベターか

学歴や資格などがある優秀な外国籍人材を雇おうとする時、「技術・人文知識・国際業務」と「高度専門職」のどちらの就労ビザを申請したらよいでしょうか。

高度専門職に向いているケース

他の就労ビザと比べて圧倒的に有利な優遇措置があり、会社にも本人にも大きなメリットがあります。

例えば、5年以上雇用する場合や、無期雇用で長く働いてもらいたいと会社も本人も考えている場合、また、子育て中で子育てを手伝うために両親も呼び寄せたい場合も有効です。

会社も本人も長く勤務することを希望する場合、高度専門職であれば5年の在留期間が与えられるため、安定して働くことができます。日本での長期勤務を希望している場合は、「高度専門職」の取得がベターです。

技術・人文知識・国際業務に向いているケース

雇用期間が5年未満、あるいは最長5年までと考えている場合であれば、「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザの方が向いていると言えます。

高度専門職の場合、優遇措置がありますが、長期間雇用したい場合や両親の呼び寄せをしたいなどの場合に有効で、優遇措置が必要なければ、内容としては技術・人文知識・国際業務とほぼ変わりがありません。

また、高度専門職では、ポイントの立証に手間を取られ、かえって手続きが煩雑になってしまうケースもあります。

高度専門職の優遇措置が不要であれば、「技術・人文知識・国際業務」の取得がベターです。
 

まとめ

優秀な外国籍人材を雇おうと思った時、「技術・人文知識・国際業務」と「高度専門職」という二つの就労ビザがあります。

高度専門職は、5年の在留期間の他にも条件付きで両親の呼び寄せができるなどの様々な優遇措置がありますが、ポイントを立証するために手続きが煩雑になる場合もあります。

5年以上雇おうとしている場合は、高度専門職の方がメリットが大きいですが、5年未満やその他の優遇措置が不要な場合は、技術・人文知識・国際業務の就労ビザ取得がベターです。