日本に在留する外国人は、基本的に「在留カード」を所持しなければなりません。

ただ最近は、偽造された「在留カード」が出回っており、外国人が持っている「在留カード」が本物かどうかを確認することが重要になってきています。
ここでは、「在留カード」の照会方法などをご説明いたします。

在留カードとは

在留カード」は、基本的に日本に在留する外国人に交付されますが、短期滞在者は除外され、中長期間滞在する外国人に対象に交付されるカードで、16歳以上の外国人は、顔写真を掲載しなければなりません。

「在留カード」は、在留する外国人の在留期間、在留資格が適法だと法務大臣が認めた証であるとともに、旅券(パスポート)に押印されている証印(許可証)の代わりの役目を果たしています。

「在留カード」には、外国人の個人情報である氏名、性別、生年月日、国籍(地域)、在留期間、在留資格、就労の可否などが記載されています。
もし「在留カード」に記載されている内容に変更があった場合には、届出を行い、変更の手続きを行うことになります。

主な手続きは、次のとおりです。
在留期間更新許可、在留資格変更許可、永住許可、在留資格取得許可は、出入国管理庁で変更手続きを行います。

結婚して、姓や国籍が変わった場合など、氏名、生年月日、性別、国籍等の変更が必要な時には、14日以内に出入国管理庁へ届け出を行わなければなりません。

 

本物の在留カードの確認方法

在留カードを照会する目的には、失効した在留カードの更新を行うため、どのような在留資格で有効期限が過ぎていないか否かを確認するためなどがあります。

特に、在留期間が過ぎている外国人労働者をそのまま雇用していると不法就労となり、雇用主も不法雇用となりますので、在留カードを照会することは大切です。


在留カードが偽造かどうかの見極めですが、本物のカードは上下方向に傾ければ、「MOJ」の文字の周辺の絵柄が、ピンクからグリーンに変わります。

また、カードを左右方向に傾ければ、「MOJ」のホログラムが、立体的に動きますし、この銀色のホログラムの見る角度を90度変えれば、白黒の文字が反転します。

さらに、暗い場所でカードの表に強い光を当てて透かして見れば、「MOJMOJ…」の文字が見えるようになっています。
※出典(「在留カード」及び「特別永住者証明書」の見方

 

出入国在留管理庁の対応

偽造の在留カードが出回っているという現状に、出入国管理局を統括する出入国在留管理庁は、在留カード照会のためのシステムを導入しています。

「在留カード等番号失効情報照会システム」というもので、WEBサイトに在留カード番号と有効期間年月日を入力すれば、その在留カードが有効か否かを確認できるもので、2014年(平成26年)に開始されました。

在留カードには、ICチップが内蔵されており、その外国人の様々な情報が蓄積されていますが、出入国在留管理庁・出入国管理局のHPでは、このICチップ内のデータを読み取るための仕様を公開しています。

従って、在留カードを読み取るためのソフトウェアを使って、読み取った画像とカードの記載を比較することができます。
この方法で、読み取った在留カードの真贋を判断できるということです。

またHPでは、「「在留カード及び特別永住者証明書の見方」」という項目を掲載し、偽造防止対策を紹介しています。

 

まとめ

偽造の在留カードが出回っていることは、日本にとって大きな問題です。
今後の日本社会を考えた場合、来日する外国人、在留する外国人の力を借りなければいけないのは事実ですが、来日する外国人、在留する外国人の力を借りる必要があります。

そのためには、日本での在留を適切に管理する必要があります。
すなわち、不法滞在の外国人をいかに見極めていくかは、大きな課題だと言えます。
在留カードの照会を徹底していくことは、その一つの方法です。