外国人の料理人を採用したい。在籍確認時の留意点は?

「技能ビザ」とは 技能ビザは外国料理の調理人の他、外国で考案された工法による住宅の建築、宝石・貴金属・毛皮の加工、動物の調教、外国に特有のガラス製品、絨毯等の制作または修理、定期便の航空機の操縦、スポーツの指導、ワインの鑑定等がありますが、いずれも産業上の特殊な分野であり、熟練し...
行政書士 宮島陽子

在留資格(ビザ)申請・帰化申請・外国人技能実習生サポート

経営・管理ビザの審査時、事業所設備の充実度って必要?

経営・管理ビザの審査のポイントは? 経営・管理ビザの審査では、「事業を営むための事業所が本邦に存在すること。ただし、当該事業が開始されていない場合にあっては、当該事業を営むための事業所として使用する施設が本邦に確保されていること。」という基準があります。 また「事務所を確保してい...
行政書士 宮島陽子

在留資格(ビザ)申請・帰化申請・外国人技能実習生サポート

民泊事業で、経営・管理ビザの取得はできる?

どの方法で民泊事業を始めるか? 旅館業許可と簡易宿所営業許可の違い 旅館業許可、簡易宿所営業許可のいずれも宿泊料を受けて人を宿泊させる営業であり、民泊事業を行うことができます。 そのうち簡易宿所営業許可では、客室を多人数で共用する宿泊施設という違いがあり、また一定の要件を満たせば...
行政書士 宮島陽子

在留資格(ビザ)申請・帰化申請・外国人技能実習生サポート

経営・管理ビザ申請時の事業計画書、どこまで詳しく書けばいい?

事業計画書の精度の重要性 事業の継続性・安定性は、単に資本金や従業員数などの規模だけではなく、売上高や利益率などから総合的に判断されます。 事業が安定して継続的に営まれるものと客観的に認められるためには、事業計画書でより具体的でかつ実現可能な数字で示すことが必要です。 またそれら...
行政書士 宮島陽子

在留資格(ビザ)申請・帰化申請・外国人技能実習生サポート

NPO法人で外国籍人材を採用したい!就労ビザは許可される?

NPO法人であっても就労ビザが許可されるのか? 就労ビザを取得するためには、外国人本人と本邦の公私の機関が雇用契約などの契約をすることが必要ですが、この「本邦の公私の機関」には株式会社はもちろんのこと、国、地方公共団体、独立行政法人等の他、NPO法人も含まれます。 そのためNPO...
行政書士 宮島陽子

在留資格(ビザ)申請・帰化申請・外国人技能実習生サポート

宿泊業における外国人雇用、就労ビザの許可条件とは?

許可の条件は? 大学等で学んだ専門的技術又は知識を必要とする業務であるかどうか 外国人本人が従事しようとする業務内容は、外国人本人が大学等で専攻した科目に関連している業務、または関連した実務経験が10年以上ある業務です。 例えば、外国人客に対応したフロント業務及び施設案内業務など...
行政書士 宮島陽子

在留資格(ビザ)申請・帰化申請・外国人技能実習生サポート

飲食店で働いていた留学生を正社員として採用したい場合

申請条件 この制度を利用できるのは、来日している(来日していた)外国人留学生が日本の大学・大学院を卒業した後、飲食店に正社員として雇用される場合で、在留資格「特定活動」に該当するものです。 この在留資格を取得するには、「日本の大学を卒業、あるいは大学院を修了していること(新卒採用...

一定期間、本来の業務と異なる仕事をさせても問題ない?

技術・人文知識・国際業務のビザ メーカーの貿易担当者ということは、就労ビザのうち、技術・人文知識・国際業務の在留資格に該当すると思われます。 このビザは、理学、工学、自然科学や法律学、経営学などの人文科学等に関する知識や技術をもって行う業務内容があてはまります。 実際の職種として...

外国人従業員が家族と一緒に暮らしたい場合!家族を呼び寄せる際の在留資格とは?

両親を呼び寄せるための在留資格 そこで、両親を本国から呼び寄せるには、在留資格「短期滞在」を取得する方法があります。 短期ビザとは、他の就労ビザと違って、生活や活動の基盤を日本に移転させる意思のない「一時的な滞在」です。

宿泊業で外国人を採用したい場合の在留資格とは?

ホテル・旅館等で働ける就労ビザ ホテルや旅館で働く、と一言で言っても、仕事内容は様々で、いろんな職種があります。 どういった仕事であれば、外国人が働くことができるのでしょうか。 外国人がホテル・旅館等の宿泊施設で働くためには、大きく分けて二つの就労ビザがあります。 技術・人文知識...
ベテラン行政書士のここだけトークvol.2
global_oneteam_award2020
onevisaforgyouseishoshi

アクセスランキング