夫が日本人で、妻は「日本人の配偶者等」から「永住者」に変更したという場合でも、離婚や死別によって「永住者」の在留資格を取り消されるということはありません。

外国人が離婚をしたことで、在留資格に影響がある場合

「永住者」とは違い、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格を取得している人は、その配偶者である日本人や永住者と離婚または死別した場合には在留資格に影響があります。

しかしながら離婚または死別したらすぐ在留資格が取り消されてしまうわけではなく、正当な理由がなく6か月以上経過した場合には、在留期間満了日までまだ日にちが残っていても取り消されてしまう可能性があります。

 

引き続き日本に在留したい場合

「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格を取得している人が、日本人や永住者と離婚または死別してしまった後も引き続き日本に在留したい場合はどうしたらいいでしょうか?

 

「配偶者に関する届出」を14日以内に行う

まずは出入国在留管理局に対し、離婚または死別した日から14日以内に「配偶者に関する届出」をする必要があります。

また、その状態で在留期間の更新はできませんので、引き続き日本に在留したい場合には何らかの在留資格に変更する必要があります。

 

定住者」の在留資格に変更できる場合

日本で正常な婚姻関係・家庭生活が概ね3年以上あり、生計を営むに足りる資産または技能があること、また日常生活に困らない程度の日本語能力があるなどに該当する場合には定住者の在留資格に変更できる可能性があります。

また、日本人との間に出生した子供の親権を持ち日本国内で監護養育する場合には、日本人との婚姻期間が3年なくとも許可される可能性が高いです。

 

日本人または永住者と再婚する場合には?

「日本人の配偶者等」の在留資格を取得している人が日本人と離婚または死別後に別の日本人と再婚した場合、または「永住者の配偶者等」の在留資格を取得している人が永住者と離婚または死別後に別の永住者と再婚した場合には、在留資格を変更する必要はありません。

 

まとめ

身分系の在留資格を取得している外国人が離婚した場合に、在留資格に影響があるのは「日本人の配偶者等」と「永住者の配偶者等」の在留資格のみです。

「永住者」や「定住者」の在留資格を取得している人は、離婚が在留資格に影響することはありません。