【知識0から】ビザが不許可...すぐに帰国しないといけないの?

申請を出したら気になるのがその結果。待ちに待った入管からの結果が「不許可」だったら、がっかりしてしまいます。しかし、がっかりしているばかりではいけません。申請が不許可になってしまった場合、すぐに帰国しないといけないのでしょうか?

 

今回は申請が不許可になってしまった場合の対応について解説していきます。

 

不許可になったらまずすることは?

申請が「不許可」になってしまったからと言って、帰国の道しか残されていないのかと言えば、そうではありません。まずは「不許可」になった理由を入国管理局に確認しましょう。

 

不許可になった理由によっては、それを改善して再申請が可能な場合もあります。もちろん、内容によっては申請そのものをあきらめなくてはならない場合もあるかもしれません。しかし、一度不許可になったといって、不許可理由を確認せず諦めてしまってはいけません。

 

また、不許可理由を確認せず自身の判断でやみくもに申請をし続けることも避けましょう。入国管理局は申請の内容はもちろん、「申請を行った」事実も記録をとって把握しています。自身の判断で不許可事由とは的外れな修正を行い、何度も申請を繰り返すのは今後の審査に影響を及ぼす可能性があります。

 

入国管理局に不許可理由を聞きに行くときには、不許可事由の修正を行い、再申請をした場合の「許可」の可能性もきちんときいておきましょう。不許可の理由を聞けるのは1回だけです。

 

入国管理局は提出された資料を基に審査し、判断をしています。申請の際、入国管理局に提出した資料は手元にコピーを残しておき、不許可の理由を聞きに行くときにはその資料のどこに問題があるのかなど、入国管理局の指摘を正しく把握できるよう資料を見直し、不許可理由を想定してみるなどの準備をしてから臨むと良いでしょう。

 

再申請して許可になる可能性がある場合は?

 入国管理局への説明不足で不許可になる場合があります。

 

例えば、日本人と結婚した外国人がビザを申請した場合、2人の結婚実態がないのではないか、あまりに交際期間が短い、交際中にお互い連絡を取り合っていた形跡がない、などのように交際から結婚に至るまでの経緯について説明が不足していると、当然入国管理局は偽装結婚を疑います。そうすると申請は不許可です。

 

また、「技術・人文知識・国際業務」のビザを申請した場合、提出した資料で単純労働に就かせるのではないか、という誤解を与えてしまう場合があります。

 

このような場合も申請は不許可となってしまいます。

 

このような時には、結婚までの経緯や単純労働に就かせるのではないという事を明確に入国管理局に伝えるための書類を整備して再申請すれば許可される可能性はあります。

 

再申請しても不許可になる可能性がある場合は?

そもそも在留資格の申請要件に合致していないという場合があります。

 

入国管理局が審査を行う場合、審査官個人の好みや気分で審査をしているわけではありません。

きちんと審査要領に沿って審査を行っています。もちろんその要領に合致していなければ申請は不許可になります。

 

例えば、「技術・人文知識・国際業務」のビザを申請するには、学歴要件または実務要件が規定されていますが、それに該当しなければ不許可になるような場合です。また外国人が大学で専攻している内容と業務の関連性がないという理由で不許可になる場合もあります。

 

留学で日本にいる外国人就労資格への変更申請などの場合によくあるケースです。また日本に滞在中の素行が悪いような場合も、ビザの更新申請が不許可になることがあります。

 

例えば、留学のビザで来日していたけどアルバイトばかりしていて、本来の資格における活動をしていなかった、悪質な交通違反を繰り返す、ビザの更新申請の際、虚偽の書類を提出する、等がある場合、申請は不許可になります。このような場合は再申請しても不許可になる可能性が高いでしょう。

 

不許可になったらすぐに帰国しないといけないの?

「不許可」の結果が知らされて、再申請も出来る状況ではない、そして既に在留資格の期限が切れている。このような状態になったらどうなるのでしょうか。申請の結果はハガキか封書で来ますが、不許可の場合決められた期日に入国管理局に出頭するよう記載があります。入国管理局に出頭すると、出国準備をするよう言われます。

 

この出国準備中の在留資格は「特定活動」となり、帰国するための準備として30日、もしくは31日猶予を与えますよ、というものになります。再申請が出来るような状況の場合、特定活動31日が与えられたらその期間内に再申請を行い、引き続き日本に滞在できる可能性はあります。

 

しかし、特定活動が30日の場合、一旦帰国するのが原則です。再申請が難しい場合は、一旦帰国して再度来日する方法を考えるようにしましょう。

 

まとめ

申請が「不許可」になってしまった。

 

この結果を知った時、落胆する暇もなく襲ってくるのは不安ではないでしょうか。明日にでも出国しなくてはならないのか、もう日本に来ることは出来ないのか、等様々な考えが頭をよぎるでしょう。

 

申請が不許可になってしまったら、最初にすること。まずは落ち着くことです。

 

そして不許可事由に応じた正しい対応策を考えることです。

 

ただし時間に余裕のある場合は多くはありません。限られた時間を無駄にすることのないよう落ち着いて対応していきたいですね。

 

行政書士古橋洋美

平成28年 行政書士として静岡県浜松市にて独立開業。 現在起業支援や補助金申請支援等中小零細企業支援と入管業務を中心に業務を行っており、 技能実習生に対する法的保護講習の講師も担当している。 英語力を生かし、入国管理局や役所等に提出するために必要な出生や結婚等の各種証明書や契約書等の日本語への翻訳作業の対応も行っている。

新規CTA

合わせて読みたい